カテゴリー

  • カテゴリーなし

不況と雇用環境

日本の労働環境は、先進国の中でもかなり悪い方に位置しています。
恐らくそれは、マクロな視点から見れば、20年もデフレーションが続いており、その中でも経営者が労働者をあまりリストラクチャリングせずに雇用し続けているからでしょう。
そうなれば、しわよせは働くもの全体に回っていきますし、新規採用も絞られることになります。雇用環境の改善には、まず全体の景気回復が必要なのです。

そして、視点をミクロに移してみると、労働基準法すら守らずに半ば奴隷のように労働者を扱う経営者もいます。
例えば、残業代をまともに払わない経営者や企業には、訴えを起こすべきです。マクロでは、経済政策によって回復が望まれているのですが、ミクロでは労働者一人一人が違法な労働環境には異を唱えるべきです。
未払い残業代は、企業に請求ができます。ただし、なんの理論武装もなく未払い残業代を請求しても、そもそも払うべき対価すら払わない経営陣ですから実質的な訴えを起こさない限りは請求には応じない可能性があります。

従って、企業に未払い残業代を請求する際は、弁護士に相談することをおススメします。
特にどんな弁護士でもいいのかというとそうではありません。労働問題を専門に取り扱ってきた弁護士に相談することをお勧めします。
未払い残業代を確実に自分のもとに「取り返す」ためには、労働問題に強い弁護士を見つけて相談しましょう。
相談してから、実際に訴える際に必要なものなどをリストアップしていきます。

話題のサイト

未払い残業代を回収したいならこちら!【残業代請求.net】
埼玉で弁護士を探している方はこちら【法律事務所SAI】
債務整理の実績があるのは東京の:司法書士法人I'll
不当解雇を申し立てるなら弁護士にまず相談を:森法律事務所

アーカイブ